LOG IN

冬の準備

by 小林貴子

わたしは10年東京に出ていましたが、新潟に帰ってきて初めて白鳥の鳴き声を認識しました。

新潟にいる頃は、当たり前すぎて気がつかなかったんでしょうね。
そういうことって結構あります。
田んぼに水が張られた時の夕暮れや、一面金色の稲が風になびく壮観、1日で景色が真っ白に変わる日…

ちょっと気取りすぎましたね。
当たり前にあることが実は貴重であるというのはよくある話です。

無くしてから「あっ」と後悔しても戻らないことが殆どです。
今いる人としっかり向き合いましょう。(これはわたしの尊敬する女性からいただいた言葉です。)


小林貴子
OTHER SNAPS